3歳児にタバコを吸わせる動画と親の名前の拡散

スポンサーリンク

3歳児にタバコを吸わせている動画

SNS上に親が投稿したことが

世間で大変な話題になっています。

というより、

話題に上がらないわけがありません

当然のことながら

ネット上では批判の嵐

騒動から3日が経過しますが、

いまだ収まりがつかないようです。

それではこの一連の騒動について

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

3歳児にタバコを吸わせている動画

こちらが実際の動画です。

父親が3歳児の口にタバコを持っていき、

それをくわえた3歳児が

タバコを吸うまねごと

しているように見えます。

さらにはその様子を見ながら

聞こえてくる親の笑い声

そして反対側から

今度は母親が3歳児にタバコを

吸わせています。

3歳児の仕草を見ていると、

普段、両親が

タバコを吸っている姿を

よく見ているのでしょう。

しかしそれ以上に懸念されるのが、

『日常的にこのような行為を

繰り返していた?』

という不安。

子供は自分が気に入った遊びや動作を、

繰り返し行う傾向があります。

動画の最初の方で、

タバコを吸った3歳児が

息を吹いている様子が

はっきりと映し出されています。

(吹く音も聞こえます)

つまり3歳児が

『タバコを吸う』という行動を、

しっかり再現してしまっているのです。

この動画を見ていると、

驚きと同時に

悲しみの感情が沸き上がってきます。

この動画は当初、

父親のFacebookに投稿されました。

そしてその衝撃的な内容のあまり、

twitterにて拡散されました。

親の反論

動画がtwitterで拡散され

批判が殺到すると

父親はすぐさま動画を削除。

そしてその批判に逆切れし、

反論するかのように

このような投稿をします。

羽渕3

するとさらに、

これに加速するかのように

批判が再燃。

『焼け石に水』とはまさにこのこと。

さすがにこれには反省したのか?

今度はこのような投稿をします。

羽渕2

親の名前が拡散される

これだけ社会に衝撃を与える動画を

公開したため、

当然のことながら

両親の名前は瞬く間に検索され

拡散されています

というより、

実名入りのFacebookに動画を投稿したので

検索、拡散されるのは当然のことです。

例えるなら

『名札を付けて犯罪を犯した』

ようなものです。

これはもう、

『自業自得』としか

言いようがありません。

問題だらけの騒動

この一連の騒動をまとめてみると、

何もかもが問題だらけで

逆にまともな部分が見つかりません。

・未成年にタバコを吸わせる

・動画をSNSで公開する

・批判に対して逆切れ

・これだけの行動を

『わるふざけ』程度にしか

考えていない

・3歳児が吸った、吸わないの問題ではない

・『嫁は悪くない』→しっかり吸わせてる

・警察に言わないで下さい

↓  ↓

これだけ大騒ぎになれば、

警察どころか誰でも知っている

・深くお詫びします

↓  ↓

まずは子供に詫びるべき

この両親は、

自分が何をしたのか?

どうして世間から批判をあびているのか?

本当に理解できているのでしょうか?

それ以前に

まずはこのことを

しっかり覚えておいて欲しいと思います。

『未成年者の喫煙は禁じられています』

なぜ禁じられているのかは、

自分たち自身でよく考えるべきです。

それが世間と子供に対して

『詫びる』ということだと思います。

この親の謝罪文は

『作文』にしか見えてきません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加