『京都小6大麻事件』山科区に広がる不安『どこの学校?』

スポンサーリンク

京都市内の小学校に通う

小学6年生の男子児童(12)が、

通学先の教員に「大麻を吸った」と話し

京都府警が捜査を進めている事件。

薬物の使用、しかもそれが

小学6年生ということで、

世間に衝撃が走っています。

京都市山科区では、

10月に大麻取締法違反(所持)の疑いで

男子高校生2人が逮捕され、

さらに別グループの男子高校生2人も

逮捕されています。

相次ぐ同一地域での事件に

地元だけではなく

日本中で不安の声が上がっています。

スポンサーリンク

小6児童が大麻を吸った経緯

事件が発覚したのは、

小6児童がタバコを吸っていたことからでした。

10月14日、

『児童がタバコを吸っている』と、

保護者から学校に相談がありました。

これを受け、複数の教員が確認したところ、

別の同級生の児童のナップサックから

たばこ数本が見つかりました。

小6児童と同級生は

タバコを吸ったことを認めましたが、

さらに「大麻を吸ったことがある」と説明。

学校側が市教育委員会と京都府警に通報しました。

なお、この同級生は

大麻には関わっていませんでした。

小6児童は「兄の部屋で大麻を見つけて吸った」

説明しており、

11月11日、山科区内の小6児童の自宅や

離れて住んでいる母親の自宅の

家宅捜索が行われました。

小6児童の兄(17)が逮捕される!

京都府警が家宅捜索を行ったところ、

通信制府立高校に通う兄(17)の部屋から

・グラインダー

・巻き紙

・パイプ2本

・ポリ袋

など、計16点が押収され、

グラインダーには少量の大麻が付着していました。

また、小6男児の兄(17)が、

「自分が吸うために持っていた」

供述したことから、

大麻取締法違反(所持)の疑いで

現行犯逮捕されました。

小6男児は9月の初旬頃、

兄の留守中に部屋に入り

雑誌などを探していた際に

缶のようなものに入った緑色の葉を発見。

インターネットの情報などから

大麻であることを知り、

さらに吸引方法も調べ

「4回ほどパイプに詰めて吸った」

話しています。

兄に無断で吸引したため

巻き紙は使っておらず、

兄も弟の使用について

把握していなかったようです。

京都市山科区で大麻が広がっているのか?

『山科区で大麻が広がっているのか?』

一連の報道を見ていると、

このような不安が頭をよぎります。

今回逮捕された小6男児の兄は、

10月までに逮捕された高校生グループの一部と

『元・同級生』であったことが分かっており、

京都府警では関連性について

捜査が進められています。

これらが懸念される背景には、

2010年に兵庫県内の女子中学生らが

大麻所持で逮捕、補導される事件が

多発したこともあるでしょう。

また、10月までに逮捕された高校生グループは

スマホの無料通信アプリ『LINE』を使って

大麻の受け渡しや、やり取りをしており、

情報の拡散力も大きくなっています。

「大麻を吸った」小6男児とは?

今回、「大麻を吸った」ことを供述した

小学6年生の男児(12)は、

父親・兄と京都府山科区で

3人暮らしだったようです。

報道によれば

母親は別居しているようです。

大麻ということで大問題になっていますが、

元々の発端は『たばこを吸っていたこと』

今回はこの問題が

軽視されているような気もしますが、

これも未成年である限り

禁止されている行為です。

また、この小6男児が通っている学校に関しては

ツイッター上でこのような投稿が見られました。

これ以上薬物が若年層に広まらないよう、

学校、警察、そして社会全体で

取り組んでいかなければなりません。

京都市山科区

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加