93歳の女がひき逃げ!加藤ミトリの証拠隠滅と認知症

スポンサーリンク

11月3日、道路交通法違反(ひき逃げ)と

自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで

93歳の女性が逮捕されました。

逮捕容疑は11月2日午後3時50分ごろ、

福岡県みやま市瀬高町の交差点で、

運転していた軽乗用車が

みやま市の高校2年生の男子生徒(16)

が運転するバイクと衝突。

救護活動等を行わずそのまま現場から逃走

男子生徒は頭を強く打ち

意識不明の重体になっており、

重大な障害を負わせたというものです。

軽乗用車を運転していたのが

『93歳の女性』であったということ、

さらに『ひき逃げ』であった事から

注目を浴びているこの交通事故を

詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

逮捕されたのは加藤ミトリ容疑者(93)!

事故が起こったのは

11月2日の午後3時50分ごろ。

場所は福岡県みやま市瀬高町の

田園地帯の交差点で、

信号などはありませんでした

軽乗用車を運転していたのは

福岡県みやま市山川町甲田無職

加藤ミトリ容疑者(93)。

加藤ミトリ2

加藤容疑者は軽乗用車を運転中に

みやま市の高校2年生、

田中力さん(16)が運転する原付バイクに衝突。

さらに現場に設置してあった

ガードレールにも衝突しました。

しかし事故後、加藤容疑者は、

そのまま軽乗用車で現場から逃走

目撃証言現場に落ちていた車の破片から

加藤容疑者が浮上。

翌3日に、逮捕されました。

この事故で原付バイクを運転していた田中さんは

脳損傷などで意識不明の重体

ヘルメットは外れた状態だったようです。

加藤ミトリ3

家族によると加藤容疑者は事故当日、

親せき宅へ出かけており

その際に事故を起こしたということです。

加藤ミトリの証拠隠滅と認知症

今回の交通事故で最も注目されるのは、

軽乗用車を運転していた加藤容疑者の年齢

『93歳』と高齢であることから、

『認知症では?』との疑いもあったようです。

その背景には先日、宮崎県で起こった

こちらの交通事故も影響しているのでしょう。

しかし警察によれば、

加藤容疑者は取り調べに対し

はっきりとした受け答えをしており、

また、家族によれば

毎日車を運転しており、

健康状態にも問題がなかったようです。

それどころか加藤容疑者は事故直後に

軽乗用車を修理に出しており、

『証拠隠滅を図ったか?』

との疑いが持たれています。

加藤ミトリ

加藤ミトリ5

加藤ミトリ4

また、警察の取り調べに対し加藤容疑者は

「現場のガードレールに当たったのは覚えているが

バイクに当たったかはよくわからない」

などと供述しているようです。

バイク

しかしバイクは画像のように

激しく損傷しており、

これを認識できないようであれば

車の運転すら困難と言えるでしょう。

さらに、付近の住民の証言によれば、

加藤容疑者は認知症どころか

普段からかなりのスピードで

車を運転することで有名で、

地元では『レーサー』とも

呼ばれていたようです。

この事故はどうなる?

今回の事故で

原付バイクを運転していた田中さんは

脳損傷という重大なけがを負い、

現在も意識不明の重体が続いています。

また、加藤容疑者は現時点で、

「バイクに当たったかは覚えていない」

容疑を否認しています。

受け答えははっきりしているということですが

加藤容疑者が『93歳』と高齢であることから、

・供述はしっかりおこなわれるのか?

・田中さんに対する賠償は行われるのか?

などといったことが懸念されます。

それにしても車を修理に出したのが

『証拠隠滅』目的であったなら、

これは驚くべきことです。

しかし一番重要なのは、

この事故で16歳の若者が

意識不明の重体に陥っているということです。

一日も早く

田中さんが回復されるのを願うばかりです。

事故現場付近の地図

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加