宮崎市駅前暴走事故 川内実次さんは認知症とてんかんだった

スポンサーリンク

10月28日の午後2時50分頃、

宮崎県宮崎市橘通東

軽自動車が歩道に乗り上げ

歩行者6人が次々に跳ねられる

事故が発生しました。

現場は宮崎駅前の

人や車がたくさん通る場所で、

軽自動車は歩道を約700mも暴走し

JR宮崎駅前の交差点で横転して止まるという

大惨事になってしまいました。

この事故では女性2人が死亡し、

軽自動車の運転手を含む5人が重軽傷

負いました。

車が歩道に乗り上げ

歩行者を跳ねてしまうという、

通常では考えられないような交通事故は

なぜ起こってしまったのか?

情報を集めてみました。

スポンサーリンク

交通事故の概要

事故が起こったのは

10月28日午後2時50分頃

軽自動車は宮崎市の中心部にある

デパート『山形屋』付近から歩道に侵入。

そのまま『高千穂通り』の歩道を

東へ向かって暴走し、駅西側の交差点で横転

この事故に巻き込まれ、

宮崎市堀川町の藤本みどりさん(66)と

宮崎市大橋1の高木喜久枝さん(50)が死亡。

10~60歳代の男女4人が重軽傷を負い

病院に運ばれました。

また、車を運転していた男性(73)

外傷性くも膜下出血で病院に運ばれました。

軽自動車は時速60㎞近いスピードで

走っていたとみられ、

現場にはブレーキ痕はありませんでした。

また目撃者によれば

「意識はあったと思います。

ちゃんと前を向いていた。

ふらついてもいなかった。

駅までかなり距離がありますが、

まっすぐ行ってます。」

との証言もあり、

警察では男性の回復を待ち

詳しく事情を聞く方針でした。

事故を起こしたのは鹿児島県の川内実次さん(73)

その後の調べで、

事故を起こした軽自動車を運転していたのは

鹿児島県日置市(ひおきし)、

東市来町(ひがしいちさき)長里の

川内実次(みつぎ)さん(73)であることが

明らかになりました。

川内さんは事故を起こした当初、

会話がままならず、警察官や救急隊員

の問いかけに対して

全て「はい」と答えており、

「車道と歩道を間違ったのか?」

の質問に対しても

「はい」と答えていたようです。

また、川内さんは28日の朝、

妻に行き先を伝えずに鹿児島の自宅を出発し、

100㎞も離れた宮崎市で

事故を起こしていたことも明らかになりました。

さらに気になる事実も発覚しました。

川内実次さんは認知症で2日前まで入院していた

川内さんは数年前から

認知症の症状が出ており、

事故の2日前まで入院していたことが

明らかになりました。

また、過去にてんかんで倒れていた

こともあったようです。

ただ、てんかんは薬で発作を抑えることができ

適切な治療を行っていれば

運転に支障はないようです。

しかし、やはり気になるのは目撃証言。

・時速約60㎞で走行

・ブレーキはかけていない

・まっすぐ前を見て運転していた

・歩道のポールはしっかりよけていた

果たしてこれらは

『認知症』によって引き起こされる

症状なのでしょうか?

川内さんは

免許の更新も問題なく行っていたようですが、

このような悲劇が起こってしまうと

『免許制度』そのものも

問題であるような気がします。

事故現場

軽自動車の走行した軌跡

ストリートビュー

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加