奥田裕太容疑者が元上司にストーカー行為を行った理由

スポンサーリンク

元上司の40代の男性

ストーカー行為を繰り返したとして、

福岡県警豊前署は10月7日

20代の男を逮捕しました。

ストーカー規制法容疑で逮捕されたのは、

福岡県豊前市今市の自称会社員

奥田裕太容疑者(21)。

『男性が男性にストーカー行為』

ということで

少し『!!!???』

というような事件ですが、

奥田容疑者は

「恋愛感情が原因でやったわけではない」

などと、容疑を否認しているようです。

それでは奥田容疑者が

ストーカー行為を行った理由は

いったい何だったのか?

事件の内容と共に

見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要

逮捕容疑は

2015年の8月23日~9月5日の間に、

40代の男性の携帯電話に

48回にもわたって電話をかけ、

付きまといをしたとされるもの。

奥田容疑者は

元上司の40代の男性が勤める会社に、

2011年~2015年の5月まで

アルバイトとして勤務していました。

奥田容疑者のストーカー行為は

以前からあったようで、

2015年の3月には

無料通信アプリ『LINE』で、

「好きだ~」

「男性と女性どっちが好きですか?」

といった内容のメッセージを送信したり

大分県内の行きつけの飲食店で

男性を待ち伏せするなどの行為を

繰り返していました。

その際、40代の男性が警察に相談し

奥田容疑者は警察から

口頭注意を受けていました。

しかしその後もストーカー行為が続いたため

8月に40代の男性が再度警察に相談。

この時も奥田容疑者は

他県警と豊前署から

それぞれ口頭注意を受けていました。

残念なことに

それでも奥田容疑者の行為は収まらず、

今回の逮捕へと至ってしまいました。

奥田裕太容疑者の人物像

男性に対しストーカー行為を繰り返した

奥田裕太容疑者とは

いったいどういった人物なのか?

気になったので

いろいろ調べてみましたが、

FacebookTwitterでは

それらしいものはあったものの、

『確定!』と呼べるアカウント

ありませんでした。

もちろん『顔写真』

公開されていません。

(当たり前か?)

そこで現在判明していることを

まとめてみると、

『氏名』:奥田裕太(おくだ ゆうた)

『年齢』:21歳

『職業』:自称・会社員

『居住地』:福岡県豊前市今市

2011年~2015年5月まで

被害者の40代男性と同じ会社に

アルバイトとして勤務しており、

その後、退職して

別の職場へ勤務していたものと思われます。

ただ、気になるのは

『自称・会社員』

ということ。

もしかすると『正社員』ではなく、

『派遣社員』もしくは

『期間契約社員』

なのかもしれませんが、

詳細は発表されていません。

これは情報からの推測ですが、

高卒からのアルバイト勤務、

そして転職といった経緯なのかもしれません。

奥田容疑者がストーカー行為を行った理由

一般的に男性が男性に憧れる、

好意を持つ理由としては、

『友情』

『憧れ』

『尊敬』

『父親のような存在』

などが挙げられるでしょうか。

しかし奥田容疑者は警察の取り調べに対し、

「恋愛感情が原因でやったわけではない」

などと供述していますが、

過去には40代の男性に対し、

「好きだ~」

「男性と女性どっちが好きですか?」

などといった内容を『LINE』で送っています。

これは『恋愛感情』を否定するには、

少し無理がありますね。

これはやはり奥田容疑者が、

『少し変わった性癖』

持っていたということでしょうか?

最後に

この類の報道でいつも気になるのは

加害者のみならず被害者の行動。

仕方ない事情があるのかもしれませんが、

もう少し『ストーカー行為』

避ける手立てはなっかたものでしょうか?

『待ち伏せ』は避けられないにしても、

『電話』『LINE』は、

何とかなりそうです。

ただ、当事者にしか分からない、

何らかの事情があるのかもしれません。

それが『ストーカー被害』

なくならない理由なのかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加