大阪市東住吉区で稲村亜紀容疑者(34)が生後1か月の長女に虐待

スポンサーリンク

9月16日、大阪市東住吉区で、

生後1か月の長女に暴行を加えたとして、

母親が逮捕されました。

逮捕されたのは、

大阪市東住吉区杭全(くまた)の無職、

稲村亜紀容疑者(34)。

稲村亜紀

(出展:Giris Channel)

逮捕容疑は昨年11月10日~12月18日の間に、

自宅マンションで生後1か月の長女に対し

何らかの暴行を加え殺害しようと

したとする、殺人未遂容疑。

この事件を調べていると

不可解な点がいくつかあり、

それらについて見ていきたいと

思います。

スポンサーリンク

事件発覚の経緯

事件が起こったのは、2014年12月18日。

午後6時ごろに稲村容疑者が119番通報

したことから、はじまります。

「長男が娘を床に落としてから

反応がなくなり、ぐったりしている」

長女の優雅ちゃん(生後1か月)は、

すぐに病院へ運ばれましたが、

意識不明の重体

頭の骨が2か所も折れており、

他にも頭部を揺さぶられた形跡

見つかりました。

そのため病院が警察に通報し、

捜査が行われました。

稲村容疑者は、当時の状況について、

「長男に長女を抱っこさせて

片づけをしていたら、

ドスンと音が聞こえた」

などと説明していたようです。

稲村亜紀容疑者の供述

稲村容疑者は現在、容疑を否認しています。

そしてこのように供述しているようです。

「長男がやったとしか言えない」

優雅ちゃんのけがの状態や、

昨年12月の事件発生当時の供述、

そして今回の逮捕後の供述、

どれをとっても

一般的に不自然なことばかりです。

そのためネット上では

稲村亜紀容疑者を批判する声が

多数、上がっています。

そこで、今回の事件の

不自然な点を、

順番に見ていきたいと思います。

2歳の長男が生後1か月の赤ちゃんを抱っこ?

「長男に長女を抱っこさせて

片づけをしていたら、

ドスンと音が聞こえた」

もし、この供述が本当だとしても、

2歳の子供が生後1か月の赤ちゃんを

抱っこすること自体が、

危険極まりない行為です。

そもそも、生後1か月では、

当然、首も座っていません。

もし仮に優雅ちゃんが泣いていて

あやすためだったとしても、

2歳児にまともな『抱っこ』

できるとは、到底想像もつきません。

優雅ちゃんのけがの状況

優雅ちゃんは

頭を2か所骨折しており、

他にも頭部を揺さぶられた形跡が

見つかっています。

稲村容疑者は

「長男が優雅ちゃんを床に落とした」

と供述していますが、

1回の衝撃で、複数のけがを負うことは

ありえないことでしょう。

また、もし長男が優雅ちゃんに

暴行を加えていたなら、

多分、赤ちゃんと言えど

泣き叫んでいたと思われます。

そもそも、

『2歳児の抱っこ』であれば、

頭から落とすことも不自然です。

稲村亜紀容疑者の家庭環境は?

報道によれば稲村容疑者は無職

そして配偶者の有無は

公表されていません。

唯一の情報としては、

『事件当時、世帯主不在』

とあったことですが、

これが『外出していた』

ということなのかも

定かではありません。

そのため、ひょっとすると

シングルマザーなのかもしれません。

そこでいろいろな意味で

『旦那』の存在が気になります。

今回の事件も、

『旦那』が側にいて、

何らかの助けになっていれば

防げたのかもしれません。

最後に

「長男がやったとしか言えない」

そう言って稲村容疑者は

逮捕容疑を否認しています。

現段階ではっきりしているのは、

稲村容疑者・長男(2歳)・優雅ちゃん(1か月)

3人だけが、事件当時の状況を知っている

ということです。

つまり、事件当時のことを

『話せる』のは、

稲村亜紀容疑者、ただ1人ということです。

心苦しい事件ですが、

真実の究明と、

優雅ちゃんの回復を願うばかりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加