JR放火事件で逮捕された野田伊佐也のTwitter

スポンサーリンク

東京都内のJR施設で

不審火が相次いで起きた事件で、

警視庁は9月15日、

威力業務妨害の容疑で

東京都武蔵野市の『自称ミュージシャン』

野田伊佐也(いざや)容疑者(42)を逮捕しました。

逮捕容疑は8月23日、

東京都品川区の品川変電所敷地内に

火のついたペットボトルを投げ込むなどし、

JR東日本に付近の警戒に当たらせるなどして、

業務を妨害したとする、

威力業務妨害容疑

JRの放火事件は

8月16日~9月5日にかけて

計7件発生していました。

そのうち3か所で

焼けたペットボトル針金

ティッシュペーパーが見つかっていました。

さらに帽子をかぶった

自転車で走り去る姿が

付近の防犯カメラに映っており、

「男が火のついたペットボトル

のようなものを投げ込んだ」

という目撃情報もあり、

これらを元に捜査が進められていました。

スポンサーリンク

野田伊佐也のTwitter

逮捕された野田容疑者は、

「やったことはやったが、

業務を妨害したとは思っていない」

などと供述しているようです。

、、、なんと身勝手な供述、、、

ということで野田容疑者とは

どういった人物なのか調べてみました。

するとありました!

野田伊佐也Twitter

さすがに

『自称ミュージシャン』

だけあって、意味不明、、、

かなり過去のツイートまで探ってみましたが、

何を言いたいのか、

何をしたいのか、

今一つよくわかりません。

恐らく、独自の世界観

展開していることでしょう。

さらに調べてみると、

こちらのような気になる情報が。

もしこれが確かな情報だとすれば、

家族にとっては

かなり不名誉なことです。

最後に

警察は都内で発生した7件すべてについて

野田容疑者の犯行の疑いがあると見て

捜査を進めています。

「やったことはやった」

この時点で犯罪は確定しています。

しかし野田容疑者は、

「業務を妨害したとは思っていない」

と、供述しています。

残念ですが、野田容疑者は42歳にもなって、

自分がしたことの分別も、

自分の行動が他人に与える影響も

理解できていないようです。

野田容疑者の行動で、

どれだけの人に迷惑を与え、

どれだけの人がそのために

時間や労力を使ったことでしょう。

犯行を認めているなら、

そのことについても

学んでほしいものです。

やはり『自称ミュージシャン』

自分の道を

突き進んでいるのでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加