宮崎市高岡町の県道で孫をかばった大早田夏美さん 還らぬ人に

スポンサーリンク

9月12日の午前10時20分ごろ、

宮崎県で悲しい交通事故が起きました。

宮崎市高岡町下倉永の県道で、

孫の女児(2)を抱いて

道路を横断していた近くの家電量販店員、

大早田(おおはやだ)夏美さん(57)が

軽トラックにはねられてしまいました。

大早田さんは病院に運ばれましたが、

約1時間半後に死亡が確認されました。

宮崎県警高岡署は、

軽トラックを運転していた

同市高岡町花見の無職・樋脇善一容疑者(81)を

自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で

現行犯逮捕しました。

その後容疑を過失致死に切り替えて

調べています。

スポンサーリンク

大早田さんはとっさに孫をかばった?

現場は交差点近くの片側1車線の道路。

大早田さんは帰省中の孫と

近くに墓参りに出掛けた帰りに事故に遭いました。

大早田さんは横断歩道がない場所を

横切っており、

樋脇容疑者が交差点を右折した直後に

道路を左から右へ、

孫を抱いて横断していた

大早田さんを跳ねました。

事故後、通行人が

1人で泣いている孫を目撃したと言います。

大早田さんはフロントガラス

後頭部を打っており、

宮崎県警はとっさに

孫をかばったとみており、

不幸中の幸いで

孫に目立ったけがはありませんでした。

とっさのことで、

無意識に体が動いたのでしょうか?

本当に孫(2)にけががなかったのが

幸いですが、

それでも尊い命が奪われてしまったことに

変わりありません。

少しでもこのような

悲しい事故が起きないように、

運転者、歩行者共に

注意が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加