元C-C-Bメンバー 田口智治 覚せい剤で逮捕される 止まらない芸能人の薬物犯罪

スポンサーリンク

覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、

ロックバンド・C-C-Bの元キーボード、

田口智治容疑者(54)が逮捕されました。

田口容疑者は

「私が使用するためにもっていた」

と、容疑を認めています。

スポンサーリンク

逮捕の経緯

田口容疑者の名前が挙がったのは、

中東系薬物密売グループへの捜査でのこと。

田口容疑者は2014年、11月ごろに、

7~8回にわたり、

密売グループと連絡を取っていたとみられ、

警察が捜査していました。

逮捕容疑は7月2日、午前11時36分ごろ、

自宅で覚せい剤2袋、1.95グラム、

末端価格にして約13万6,500円を

所持していたという疑い。

押収された覚せい剤は、

吸引用ガラスパイプ1本とともに、

自宅1階居間にある

机の上に置かれていました。

田口智治

田口智治

生年月日:1960年10月27日

出身地:東京都足立区

ジャンル:クラシック・ポップス

職業:キーボード奏者

担当楽器:キーボード

公式サイト:Taguchi☆Gumi

Facebook:田口智治(チュウ)

キーボード奏者、ピアノ奏者として

高く評価されています。

C-C-Bには1984年、

2枚目のシングル、“瞳少女”から参加。

それ以前は、近藤真彦さんのバックバンド、

“ダブルス”に参加していました。

1989年のC-C-B解散後は、

特定のバンドには所属せず、

多くのアーティストやバンドとのセッションや

ユニットに参加していました。

また現在は、音楽活動の傍ら、

地元の東京都足立区を中心に、

ボランティア活動も行っていました。

C-C-B

C-C-B/ゴールデン☆ベスト C-C-B(CD)

結成当初の名称は

Coconut Boys(ココナッツボーイズ)

活動期間:1982年~1989年

(2008年、渡辺、笠、関口の3名で

再結成しています)

メンバー

渡辺英樹(ベース、1982年~1989年)

笠浩二(ドラム、1982年~1989年)

田口智治(キーボード、1984年~1989年)

米川英之(ギター、1984年~1989年)

関口誠人(ギター、1982年~1987年)

旧メンバー

山下康文(キーボード、1982年~1984年)

山本達也(ギター、1982年~1987年)

代表作はやはり、

“Romanticが止まらない”ですね。

テレビドラマ、

“毎度おさわがせします”

オープニングテーマ曲に起用され、

大ブレイクしました。

約10年足らずの活動期間で解散しましたが、

これも当時のロックバンドではよく見られました。

止まらない芸能人の薬物犯罪

今年6月、C-C-Bは、解散当時のメンバーによる

“C-C-B TOUR 2015”

を予定していましたが、

ベースの渡辺英樹さんが

大動脈解離で緊急入院したため、

ツアーは中止となっていました。

これには田口容疑者も

出演予定でした。

田口容疑者と交流があった関係者は、

覚せい剤使用について、

「全く気付かなかった」

と話しています。

実際、Facebookを見てみても、

そんな気配はありませんでした。

ではなぜ、芸能人が薬物犯罪に

手を出してしまうケースが

後を絶たないのか?

それはやはり、

“資金”“環境”でしょうか?

薬物と出会いやすい環境に置かれ、

購入できるだけの資金を保有している。

こういった犯罪を犯すケースは、

仕事のストレスなども多く見られますが、

今回の田口容疑者には、

そんな様子が見られません。

“初犯”ということですから、

早く罪を償い、

その才能を生かせる、

音楽の世界に復帰してほしいものです。

“Romantic”は止まりませんでしたが、

“薬物”は止めていただきたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加