“クク島の秘密”に出演 韓国のモデル兼女優 チョン・イナ スカイダイビングで事故死

スポンサーリンク

韓国で女優・モデルとして活躍されていた

チョン・イナさん(本名:チョン・ヘギョン)が、

6月13日、スカイダイビング中に行方不明に

なりました。

その後、捜索は続きましたが

3日後の6月16日、

非常に残念ながら

遺体となって発見されました。

享年35歳。

チョン・イナさんは映画の演技のため

約1年前からスカイダイビングの練習を

していたところ、

今回の事故にあってしまいました。

いったい何があったのか?

情報を集めてみました。

スポンサーリンク

チョン・イナ

チョン・イナ3

(提供:Chosun Online)

中学3年生の時、

アパレルメーカーの広告モデルに選ばれ

芸能界デビュー。

その後、女優としてもデビューし

活躍されていました。

“多才多能”としても知られており、

・ヨガインストラクター

・ピラティスインストラクター

・ソウル大学院出身

・ソウル大学院のトレーナー

・フィットネスセンター経営

など、女優・モデルだけではなく

様々な方面で活躍されていました。

情報を集めていると、

スキューバダイビングをしている

画像もありました。

チョン・イナ2

(提供:Chosun Online)

また、女優としては、

MBC(文化放送)の

シチュエーションコメディ(1話完結)、

“クク島の秘密”に出演していたことでも

知られています。

スカイダイビング事故

メディアによれば、

チョン・イナさんがスカイダイビングの

トレーニングをしていたのは、

全羅南道高興(チョンラナム・コフン)。

google地図で見てみると、

赤く囲まれた部分が

その位置に当たります。

少し範囲が広すぎて、

事故現場を特定することが

できませんでした。

参考程度にご覧ください。

6月13日、

トレーニングの最中に気性が悪化し、

本来、着地する地点から大きく流され

行方不明になりました。

その後捜索は続けられましたが、

チョン・イナさんが発見されたのは、

3日後の6月16日。

パラシュートは正常に開いていたが、

着地した地点が、運悪く”湖の上”。

スカイダイビングの装備を付けていたため、

チョン・イナさんは

“溺死”されてしまったのです。

チョン・イナさんのフェイスブックには、

以前からスカイダイビングの

トレーニングをしている様子が

投稿されていました。

チョン・イナ1

チョン・イナ4

(提供:Chosun Online)

1年もの間トレーニングを重ね、

まさかこんな事故に遭ってしまうとは、

誰も想像すらできなかったことでしょう。

最後に

チョン・イナさんは

芸能活動だけではなく、

様々な方面で精力的に活動されていました。

また、35歳という若さでの死は

あまりにも早すぎ、

各方面に衝撃を与えました。

ネット上での反応は

・「ショックだ」

・「行方不明になってから

遺体で発見されたなんて

さらに悲しい」

・「若いのに残念だ」

・「突然で驚いた」

・「何の映画を準備していたのか

気になる」

・「家族はどんなに悲しいだろう」

映画の撮影のため、

1年も前からトレーニングを

していたことからも、

チョン・イナさんの仕事に対する姿勢、

熱心さが伺えます。

それだけに、

訃報が残念でなりません。

チョン・イナさんのご冥福を

心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加